家庭医後期研修医募集

イメージ画像当院の家庭医後期研修プログラムへご応募を検討いただき、ありがとうございます。当院の研修プログラムはまだ始まったばかりですが、より良いプログラムを目指して日々改善を積み重ねています。

■当院は、日本家庭医療学会より羊蹄山麓家庭医養成プログラムとして認定を受けています。

■現在1名の家庭医後期研修医が在籍しています。当院では、個々の研修医に対し柔軟なプログラムで対応しています。

■家庭医を目指しているが、消化器内科、整形外科、精神科など他の領域でもある程度の経験を身につけたいと考えている方もいると思います。各自の希望に配慮するために、短期研修制度を設け、身分が保障されたまま他院で専門研修を受けることが可能です。

■ワークライフバランスを大切にする環境を整えています。子育てなど様々な家族環境やご本人の生き方に沿ったプログラムを個別に作成します。

■初期研修を終えられた方だけでなく、他の科を経験されてから家庭医、プライマリ・ケア医を目指す方も歓迎しております。他の科を経験された方の場合、肩書きは後期研修医となりますが、立場・待遇は経験年数に沿ったものですのでご安心ください。

羊蹄山麓家庭医養成プログラム募集要項●研修期間:3年間(ただし、研修内容や希望に沿って変更可能です)

●応募資格:医師免許取得者で家庭医、プライマリ・ケア医を志す者。卒業年次は問いません。

●短期研修制度:当院では、数ヶ月単位の他院での研修が可能であることに加え、当院勤務中であっても週1日の研修日を設けています。当院勤務中に上部消化管内視鏡など希望に沿った研修ができるよう配慮します。下記に当院の研修プログラムの内規を表記します。

●後期研修プログラム 内規:
(1)日本プライマリ・ケア連合学会では、家庭医療専門医の取得条件として、「病院で内科の入院および外来研修を6ヶ月以上」、「小児科の入院および外来研修を3ヶ月以上」行うことを必須としている。当院は総合診療科を標榜する診療所であり、上記必須事項を満たすことはできないため、病院での内科研修および小児科研修は、身分を保障されたまま他院で研修を行うことができる。

(2)一般外科、産婦人科、精神科、救急医学など他の領域の研修についても、当院での身分は保障されたまま、1~3ヶ月間連続して他院で研修を行うことが可能である。

(3)3年間の後期研修プログラムにおいて、上記(1)、(2)の他院研修期間は合算して1年以内を限度とする。

(4)当院に勤務中であっても、週1回の他科研修が可能である。

(5)学会参加においては、週1回の研修とは別に参加可能である。

●連携病院:
・倶知安厚生病院 内科、小児科、整形外科
・洞爺温泉病院 リハビリテーション科、緩和ケア科
・発寒中央病院 内科、リハビリテーション科
その他の病院についても、希望の科や内容に応じて相談していきます。

●面接・見学:随時受け付けています。まずは電話もしくはメールでお問い合わせください。

●処遇:地方公務員として規定の処遇となります。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム